<%@ page contentType="text/html; charset=gb2312" language="java" import="java.sql.*" errorPage="" %> China Triumph International Engineering Group Co.,Ltd.
  中国凱盛国際工程集団有限公司
  蚌埠ガラス工業設計研究院
中国語 英語 ロシア語
 
理事長彭寿は国際ガラス協会執行委員会会議を参加しチェコ化学技術研究院を訪問する

10月26日、国際ガラス協会主席、中国凱盛国際工程集団有限公司理事長彭寿はチェコの首都プラハで国際ガラス協会2012年執行委員会秋季会議を参加して、チェコ共和国化学技術研究院を訪問する。
会議は2012年オランダマーストリヒト年会執行委員会紀要を確認し、2012年年度財務報告と技術協調委員会年度報告を批准し、第23回プラハ国際ガラス大会の主催方チェコ共和国化学技術研究院の会議実施状況に聴取する。またトルコイスタンブール会議で提出した国際ガラス協会中遠期活動や国際ガラス協会の優勢、機会、危機等の議題について確定する。
主席彭寿は会議を出席して、各議題に具体的な意見と配置する。彼は国際ガラス大会が国際ガラス協会の3年に一度の盛会であることを言う。協会は影響力を協調し利用して、学術と産業界の力を集まって、2013年プラハ大会を支持する。彼は主催方が実務に従事し、報告論文の選択することに重点をつかむ、学術研究討論と産業ホットスポットが結び合わせることを要求する。その同時、主席彭寿はもっと協会の中遠期活動を確定するために、核心グループメンバーを招集して、来年の春季会議前に執行計画を提出しまた会談する。また技術協調委員会の技術力を強めるために、CTC主席Rene Vancherが招くて中国を訪問する。技術協調委員会の仕事と交流を強める。
執行委員は会議の十七個議題を通過し、主席とつながりを保つ、積極的に会議成果を推し進める。
 
 
Untitled Document